0000000131_1

今日(2015/4/29)からゴミ拾いをスタートする。

 

私は選挙戦を通して大切な課題に気がついた。

選挙告示前の数週間前から、恵比寿駅周辺にて街頭演説を行っていた。
10歳と5歳の子どもを自宅に留守番させることもできず、朝から駅頭をどう行うか?!は子どもをもつ母には大きな課題。

そこで夫のいとこに徳島から上京をお願いし、2ヶ月間、住み込みをしてもらう。

私たち家族とともに子どもの面倒や炊事をお願いしながら最後まで子どもの心のケアをしてもらった。

あさみちゃん、ありがとう!!!

 

朝の駅頭は、小5の娘の髪を結んでから出発。せめてもの子どもとの大切なひと時。
たかが「髪を結んであげる」というたった5分の時間を大切にしたかった母心でした。
毎日、7時45分駅で街頭演説。
最初は、とにかく声を出すこと、人前で気持ちを伝えることが精一杯。
夫は、「森田ゆきを宜しくお願いします」「森田ゆきです!」の連呼とミニリーフレットの配布。
私は、「おはようございます!お仕事ご出勤ご苦労様です!」「今日も笑顔でいってらっしゃいませ」雨の日も、土日以外はとにかく毎日行く!ことが大切だと思い、続けていた。
出勤前にうるさい!不愉快!な気持ちにさせたくない。とにかく相手の気持ちを考えて配慮したい。
そして何より「同じ目線」そればかり、心がけていた。
するとある日、大きなことに気がついた。。。

 

私の前で、店舗前のゴミ拾いをしている人たちがいる。
わっ!たいへんなことをしていた。私は自分のことばかり。公共の場をつかって、自分のことばかりで必死だったこと。

 

冷や汗がでた。
すぐに夫と相談して「街をお借りして街頭しているのだから、私たちもゴミ拾おう」「それはいいね!!!」と夫も賛成してくれた。

 

それから選挙戦はゴミ拾いとともに活動を行っていった。
選対チームのみんなも、「ゆきさん、大切なことだよ。私たちは思いやりを忘れてはいけない」とみんなで街頭演説+ゴミ拾いが必須となる。

 

人にゴミ拾いやろう!というより、私と同じ気持ちになってくれる方がきっとどこかにいる。

ママ走る!!は、街のため、人のため、家族のためにお役に立ちたい!!!

街宣カーで何度も伝えてきたこと。嘘はつきたくない。。。

だから選挙後2日目、泣いてる場合じゃない。今日から「楽しく、無理なく」をモットーに
自分のできるカタチで街のお役にたっていきたい。

 

私が応援している「盲導犬や愛犬たち」

 

タバコとガムを踏むことは残念なこと。そして子どもがゴミを見たとき「捨てちゃいけないよね」と一緒に考えられるように。

ここからスタート。

もし一緒に参加したい!と思った方は、無理なく楽しくやりましょう~。

 

森田ゆき